医療・介護療養病床





医療・介護療養病床とは急性期を過ぎて症状が安定期にあり、療養や介護を必要とされる方が入院する医療施設です。



 

◆医療型療養病床◆ 医療保険が適用

 急性期以後の慢性期疾患の治療と療養を目的としています。
 気管切開や胃ろう、重度の褥創などで長期の医療ケアを必要とする方
 を対象としています。

◆介護型療養病床◆ 介護保険が適用
 病状安定期において、療養や介護を目的とし、痰が多く頻回の吸引が
 必要など医療ニーズが高く、在宅療養が困難な方を対象としています。



 

医療・介護ともに医師や看護師、介護職員、管理栄養士、理学療法士、言語聴覚士、介護支援専門員などの専門スタッフにより、身体機能、摂食機能の維持・向上を目指し、気持ちのよい環境の中で、穏やかな日々を過ごしていかれるよう努めています。

季節ごとに病棟行事(お正月・ひな祭り・花見会・七夕会・敬老会・クリスマス会)を行ったり、地元のお祭り見学をしたりと患者さんに楽しんで頂いています。

      
      【ひな祭り】          【敬老会】

      
     【上田ねぷた祭り】       【クリスマス会】

予防医学