メニュー

看護部

看護部理念

私たちは地域医療向上のため、チームの連携を図り、個々のニーズに応じた看護を提供します。

看護方針

 1  看護者の倫理綱領を遵守します。

 2  チーム医療を推進することで、患者さんにより質の高い看護を実践します。

 3  専門職としての継続的な研修教育体制を整え、時代に合った知識、技術を身につけます。

看護の概要

外来

初めての患者さん、かかりつけの患者さんなど一人ひとりと関わる時間が短い中でも安全、安心で信頼される看護を提供するように心がけて日々業務を行っています。外来・病棟・地域が連携し、継続的に看護が行えるよう支援するとともに、子育て中のスタッフが多い中、お互いに理解しあい、仕事と家庭を両立できるようチームワークを育んでいます。

一般病棟

215号室

  • 病床数 35床 うち 地域包括ケア病床 7床

緊急入院患者さんを受け入れるとともに、急性期病院での治療を終えた患者さんも多いことから、在宅や施設入所へ向けてのリハビリや退院後の生活支援の調整を行っています。

また緩和ケアにも力を入れ、患者さんとご家族に寄り添った看護の提供に努めています。

医療・介護療養病棟

  • 病棟数 37床 内  医療型療養病床27床 介護型療養病床10床

急性期を過ぎて症状が安定期にあり、療養や介護を必要とされる方が、入院・入所する病棟で、医療型療養病床(医療保険が適用)と介護型療養病床(介護保険が適用)の2種類の病床になっています。

地域医療連携室

患者さんやご家族の相談窓口として、また、地域との連携窓口として様々な医療機関や介護施設等との連携を図ることで、患者さんへの医療・介護サービスを切れ目なく提供できるよう支援、調整業務などを行っています。

主な役割
  • 入院、転院、受診、訪問診療等の支援
  • 退院に向けた支援
  • 施設入所等に関する支援
  • 介護保険申請、サービス利用等に関する支援
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME